SP-404SXは、使い勝手の良いコンパクト・サンプラーとして高い評価を受けているSP-404のブラッシュアップ・モデル。さらなる大容量化&高音質サンプリングを実現し、エフェクトなどのサウンド・クオリティ、シーケンサーなどの機能面も大幅に向上しました。

●12個のパッドで即プレイ可能なコンパクト・サンプラーの決定版。
●SDカード採用で大容量化、WAV/AIFFデータで高音質化を実現。
●音切れのない切り替えが可能な高品位エフェクトを29種類搭載。
●シャッフル・クオンタイズ機能付きのパターン・シーケンサーを搭載。
●サンプルのアサインがすばやく行えるユーティリティ・ソフトを同梱。

SP-404SXは、12個のパッドと3つのつまみによる直感的なプレイが可能なコンパクト・サンプラー。打感を追求した自照式のパッドは暗いDJブースでも優れた視認性を実現。最大合計120種類(12サンプル×10バンク)のサンプルをアサイン可能。ループやワンショットを組み合わせて、多彩なセッティングが実現します。また、滑りにくいラバー・コーティングのコントロールつまみにより、正確なエフェクト・コントロールを実現します。

SP-404SXは、記録フォーマットに44.1kHz/16ビット・リニアを採用。さらなる高音質化を実現しています。また、記録メディアにはSDカードを採用.。32GバイトのSDHCカードにも対応で最大で合計96時間(モノ)分ものサンプル群を格納可能。

SP-404SXは、ライブ用サンプラーとしてだけでなくトラック・メーカーの楽曲制作にも活躍するパターン・シーケンサーも搭載。リアルタイム・ループ・レコーディングにより、パッドによる直感的なパターン制作が可能です。
もちろん、すぐにパターン・プレイを楽しめるようダンス・フロアを意識した60パターン(12パターン×5バンク)をプリ・インストール済みです。

さらにシーケンサーには、新たにシャッフル・クオンタイズ機能を装備。独特のバウンシーなグルーヴを持つヒップ・ホップやR&B、レゲエなどのトラック制作にも威力を発揮します。


スペック
●最大同時発音数
12音
●記憶可能データ
サンプル=120(12サンプル×10バンク:SDカード上に記録)
パターン=120(12パターン×10バンク:SDカード上に記録)
●データ・フォーマット
16ビット・リニア(.wav/aif)
●サンプリング周波数
44.1kHz
●パターン・シーケンサー
最大記録音数=約16,000音
分解能=96ティック/4分音符
パターン小節長=1~99小節
レコーディング方法=リアルタイム・ループ・レコーディング(シャッフル・クオンタイズ可)
●エフェクト
29種類
●パッド
12個+サブ・パッド×1
●コントローラー
コントロールつまみ×3
●ディスプレイ
7セグメント3桁(LED)
●内蔵マイク
モノ×1
●接続端子
LINE IN端子(L、R)(RCAピン・タイプ)
LINE OUT端子(L、R)(RCAピン・タイプ)
PHONES端子(ステレオ標準タイプ)
MIC IN端子(標準タイプ)
MIDI IN端子
DC INジャック
SDカード・スロット
●電源
DC9V(ACアダプター、充電式ニッケル水素電池単3形×6またはアルカリ乾電池単3×6)
※電池別売連続使用時の電池の寿命充電式ニッケル水素電池=約5時間
アルカリ乾電池=約4時間
※使用状態によって異なります。
●消費電流
450mA
●付属品
SDカード
SP-404SX UTILITY CD-ROM
ACアダプター(PSB-1U)
取扱説明書
保証書
ローランド ユーザー登録カード
●外形寸法 / 質量
幅 (W) 177.6 mm × 奥行き (D) 256.7 mm × 高さ (H) 72.1 mm
質量 1.2 kg
ログアウト
メニュー

驚きの値段 Roland ローランド サンプラー SP-404SX

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

驚きの値段 Roland ローランド サンプラー SP-404SX

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報